憧れていた着物のひとつ 故 山下八百子(やおこ)さんの 黄八丈に出会いました

毎回様々な商品に出会って そしてその仕事の見事さに感服
仕事の奥深さを知って感動すること度々ですが

この黄八丈 深い茶 褐色 鳶色 など 息を飲むほど光沢がある綾織
糸は新小石丸  独特の光を放っています
凛として 静かにインパクトのある着物 見事です

写真でお伝えするのは かなり難しいです
どうぞ手にとってこのすばらしさを見てみてください

image

image

image


帯で色々雰囲気が変わりそうです  袋帯であらたまった席にも大丈夫

写真は縮緬の薄い柳色地 辻が花の染め模様の名古屋帯を合わせました
帯揚げはおしゃれな灰ベージュ 
柿しぶの銀煤竹色(ぎんすすだけいろ)の帯締めできりっと格調高く

濃い灰色地の台に 幾何学柄のお召しの鼻緒 エナメルの草履で足元も決めました
 
個人的には 歌舞伎座でも行きましょうか~ってな感じのコーディネイトになりました
image

●黄八丈(故 山下八百子 作) 糸付き未使用品  680,000円sold out
身丈 150cm(+15cm)   裄 63cm(+7cm)  袖丈 49cm
 
※サイズ直し 筋消し お受け致します

●縮緬 絞り染めの九寸名古屋帯 未使用品  38,000円sold out


各種カード 分割もお受けしています